Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

2014-10-17から1日間の記事一覧

Akkaのアクターの生死を検出する

Akkaでのアクターは、か弱くてすぐに死ぬことが前提の存在なので、死んだ事を検出してやらないといけない場面というものがある。 Actorが死んだ(エラーを吐いたか自殺したか)ことを検出するにはcontext.watchとTerminatedとを使う。ActorRefを入手した時点…

Webアプリケーション開発関連の記事を投稿しています.読者になってみませんか?