Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

親と付き合う

退職した父親がネットで何かこじらせて(あるいは元からそうだったのか)、帰省するたびに右傾化していて厳しい気持ちになるなどしている。具体的には、最初はテレビでたかじんのそこまで言って委員会見ていたのが、そのうち文字が流れる動画を見るようになり、嫌韓まとめブログの類を見ている。母親も同調しているようだ。でテレビも録画しかしなくなり新聞を取るのもやめてしまったので情報源はネットだけという具合で夢見が悪い。たまに帰省すると排外的発言を聞かされることになり居心地の悪い思いをする。田舎には趣味がないのだ。

子としては勘弁してくれという感じだが、子は子、親は親なのでどうこう言う義理もないし、もう仕方ないので放置している。親の心配して余裕があるほど暇ではない。親も子がケモナー向け画像を保存しているのを知ったらさぞかし悲しむだろう。そういうことだ。

自分は自分で、親に何かと義理立てする傾向にあって、というか親が心配で、しばらく前までは仕送りしてたり(今は弟も就職したのでやめた)、かなりよく帰省したりしていたが、親のこと考え過ぎだなあと思い、たまに帰る家くらいに思っておいても良さそうだと思う。

他の友人たちは親とどう向き合っているのか。