Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

1つのニュース2つの世界 / 政党座標テストで自分の立ち位置を測定してみる回

オリンピックまわりの社会の話です.好きではない人はスキップしましょう.

森会長

JOCでの森会長の発言を巡って日本国内がひとしきり荒れたところで,事態を収拾できずにいたところ国際的な問題になってしまった.Twitterで,欧州のさまざまな大使館のアカウントが釘を差すようなツイートを投稿している.

mainichi.jp

自分はいまのところ左派的な立ち位置なので,国の代表という立場がある森氏がああいうこと言っちゃダメだろ(立場が無くてもダメだとは思うが)という立場である.

はてブでもおおむね大使館側の行動を支持する人が多いように思った.

www.idrlabs.com

ところでこれおもしろいですよ.僕は左派自由主義になりました.

f:id:Windymelt:20210206174539p:plain

いろんなニュースサイトがある

ところで自分はニコニコ動画で育ったのでニコニコが好きで,たまたま同じ話題のニコニコニュースを見ることになった.

news.nicovideo.jp

(ニコニコのコメント欄は基本的に右派的なので予想できたことではあるが)猛反発といった具合で鮮やかな対比だなと思った.

とはいえ,下品なコメントも多いのでちょっと気に入らない.でもニコニコは好きなので,たまに出現するヘイトコメとか,乱暴な韓国叩きみたいなのを我慢して見ているみたいな状態.

2つの世界がある

従来の世界観だと,そのときの社会で正当とされる支配的な思想は1つだけであって,どっちかが正論で,どっちかは間違っているので議論バトルの結果敗退する,という感じだったけれど,そういうことをやっていた結果アメリカは綺麗に分断されていった.なので今様の世界観だと,ああいう人たちのことも理解してinclusiveに行きましょう,という感じになっている.

したがって,ニコニコニュースとかの右派ときどき暴言みたいな人も,社会の一部として包摂していく,みたいな感じで生きていくことになる. すると自分とは相容れない思想を持った人間と共存するという,不安な状態で生きていくことになる.昔同性愛が違法でバレると逮捕されてた国もあるけれど,それが合法化されたときも,当時の感覚で暮らしてる市民の気持ちはそんな感じだったのかもしれない.

そういった排斥の根本にあるのは漠然とした恐怖感みたいなもので,あいつら何するか分からんよね,みたいな意識があるから永遠に争うのだと思う.したがって,平和に暮らすためには相手をある程度認める,相手を必要以上に恐れない,相手をフェアな競争相手として認める,相手を必要以上に悪者に仕立て上げてはいけない,みたいな態度で臨んでいくことが求められる.

その一方で,いちがいに左派的なものが好きだというわけではなくて,沈黙しているのは賛成と同義だッ!!! みたいな風潮もあって,やりにくいと思っている.単に興味が無いから黙っている,あるいは全くその話題を知らないので黙っているほかない,みたいな人も賛成者として断罪されうるのだろうか.カトリックを知らないまま死んだ人間は地獄に行くんですか?みたいな話題.

個人的には,社会を糺していくのは良いけど,他人を殴ることではそれは達成できないよね,と思う.じゃあどうするかというと然るべき立場になって社会をフツーに変えていく,ということになる.そんなんじゃ社会は変わらない,というセッカチな人もいるかもしれないけど,むしろTwitterで暴れている人のほうがおかしくて,暴れたくらいじゃ社会は変わらなくて,等身大の自分の力でちょっとずつ社会を変えていくしかない.それはもどかしいけれど,それが一番近道だと思う.

そういう面倒臭い要素に耐えられなくなった人は,右か左に振り切れて,あいつらは全部間違い,俺たちが全部正しい,ホワイトハウスを占拠しよう,みたいな世界観を再構築してしまうのかもしれないと思った.

Webアプリケーション開発関連の記事を投稿しています.読者になってみませんか?