Lambdaカクテル

Common Lispと自宅サーバにWebエンジニアリングの香りを載せて

アナーキー・イン・ザ・憧憬

職場の皆と近所の店に繰り出して酒盛りさ。先日正月休みを明けて上洛したばかりの俺には京都の風は少しキツい。揚げたての天ぷらが冷えた舌を乱暴に暖める。熱せられた揚げ物の油のにおい。心を奪われそうになる。

酒を飲んで上機嫌になる。楽しい空間だ。だが化学的に麻痺した脳は、ハレの祭に終わりが来ることを薄々知っている。終わりは来るのだ。

突然一人になる。誰もがどこかへ消えてゆく。洋服からはかすかに匂いがする、皆が寝静まった暗闇の中じっと光る赤い炭のよう。