Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

技術

Scala3のUnion Types / Intersection Typesを試してみた

Scala3チャレンジをする記事の二本目。 前回はこちら。 blog.3qe.us ソースコードは以下に置いてある。 github.com github.com Union Types Eitherとの違い Discriminated Union Typesもどき Intersection Types まとめ MathJax v3以降ではbussproofs.styが…

Scala3のOptional Bracesを試してみた

ちびちびScala3に生えた新機能の実際に使ってみるチャレンジをやっている。いつの日かチームに導入できたら嬉しいね、とか、自分で使いこなせるようになると嬉しいね、というモチベーションである。 今日はOptional Bracesについて勉強した。ソースコードは…

Class::Accessor::Liteのプロパティを変な方法で呼び出しても一見動いてしまうの困る

package Foo; use strict; use warnings; use Class::Accessor::Lite( new => 1, ro => [qw(prop)] ); sub foo { my $self = shift; return prop; } これはちゃんと動かない。正しくは package Foo; use strict; use warnings; use Class::Accessor::Lite( n…

for式でタプルのbindingが動かないと思っていたら10年モノのバグ(SI-5589)だった

こういうバグを踏んだ。このコードはScala 2.13でコンパイルしない。この例ではCats Effect 3のIOモナドを使っているけれど、どのモナドでも発生する。 def fa = IO.pure("left") def fb = IO.pure("right") for { (a, b) <- fa product fb // ここでIO[(Str…

ScalaのCatsにおけるTuple上でのmapやproductの振舞いが面白いので紹介する

ScalaでプログラミングをしているとTuple2にお世話になることが多い。例えばSeq[(K, V)]からMap[K, V]を得ることができるし、何かと応用範囲が広い。catsでも、Tuple2をうまく操作するための数々のインスタンスが用意されている。 そんな中、Tuple2のインス…

Seq[(K, V)]について、キーが同じである限り結合し続ける処理

こういうメソッドを定義したい。 Seq[(String, FiniteDuration)]があるとき、同一のStringが連続した場合に限ってFiniteDurationを足し合わせて、最終的にSeq[(String, FiniteDuration)]を返すような処理を書きたいんだけど、どうしたもんか— @windymelt@mst…

徹底比較!! メモリクロックはプログラミングに効くのか(効きませんでした)

趣味のプログラミングなどに使っている自作PCのメモリが最近キツくなってきており、ブラウザを開きつつStable Diffusionなどを回していると16GBでは結構辛いものがある。Scalaのコンパイルなどでも結構なメモリが消費される。 そこでメモリを買って16GiBから…

図で眺める Scalaの変位指定アノテーション

今日チームでScalaのこういう型制約ってどう書くんだっけ、といった話をしていて、Scalaには色々な型制約の表現の方法があることだなあ、と考えていた。そして、全て覚えるのは大変だなと思った。自分は特に変位指定アノテーションを覚えるのが大変だった。…

木構造における属性の伝播の表現 -- CatsのMonoidと再帰処理によって

プログラミングをして暮らしていると、だいたい木構造と向き合うことになる。その頻度はリスト程ではないものの十分に高い。 木構造操作の一類型として、木の根から順に辿っていき、一定の操作を加えていくというものがある。個々の要素だけ見れば良いことも…

へぼいEthernetケーブルだと100Base-TXにフォールバックすることがある

寒い季節になったので、普段はキッチンに置いてある自宅サーバを居室に移動させて熱を有効活用することにした。データも保存できるし節電もできる優れ物だ。 さて、移動させたついでに必要なLANケーブルの長さも変わり、いくつか差し替えてちょうど良い長さ…

YAMLとJSONの話題 / JSONへとトランスパイルされる別言語を作ればいいんじゃないの

以下の記事を読んだ。 wp.jmuk.org この記事の要点をかいつまんで話すと、以下の通りになる: JSONの代替として使われているYAMLはオーバースペックではないか キーのスキーマが不安定だったりする 求めているものは、コメントが書けるJSONくらいのものなので…

Web3.js / svelte-web3を使ってMetaMaskによるウォレットログインを実装した

Web3技術の勉強の一環として、ウォレットを使ったログインを実装してみました。 www.3qe.us MetaMaskのインストールはこちらから。 metamask.io ビルダとしてwebpackを使用し、UIライブラリとしてsvelteを使用しました。ランナー/パッケージマネージャはnpm…

http4sのEmberClientでタイムアウトを指定する

自分が書いている趣味プロダクトに、HTTPクライアントとして外部と通信するコードがあった。タイムアウトを指定しつつ通信させたかったがあまり資料が無かったのでメモしておく。 http4sとは タイムアウトを設定する withTimeout withIdleTimeInPool .withId…

Cats EffectのHotswapの使い方について調べた / 無限に出てくるトイレットペーパーを実装する

Cats Effectの勉強をしてたらHotswapというコンポーネントがあって便利そうだったので紹介します。 Hotswap Resourceを単体で使う欠点 そもそもResourceとは Resourceにできないこと Hotswap登場 応用: 途切れないトイレットペーパー ToiletPaperクラス toil…

Cats Effect 3でセマフォを使う方法 + よくある落とし穴 (標語付き)

Cats Effect 3のセマフォの使い方の例があまりないなと思ったので自分で書いておいた。標語もあるよ。 そもそもセマフォって何よ 前提知識 Cats Effect 3によるセマフォ 落とし穴 標語 (大きな声で読み上げよう) 解説 Cats Effectという、Scalaで非同期処理…

さまざまな色覚特性のもとで画像がどう見えるかをモンタージュする

こういう画像を吐き出してくれるシェルスクリプトを組んだ: さまざまな色覚特性のもとでどう画像が見えるかを1枚にモンタージュした画像 このスクリプトの利点として以下を挙げたい: OS上で直接画像が得られる 1枚の画像が得られるため比較しやすい 高速に動…

Scala 2.12と2.13とで、ListMapのキーまわりの挙動が違っているので注意しましょう / ライブラリ調査の心得

アプリケーションのコレクションまわりの実装について調査していたところ、Scala 2.12から2.13にかけての更新がscala.collection.immutable.ListMapの挙動を変化させており、実は元々2.13で見せていた振舞いは仕様外のものだったことが判明したのでメモ。 こ…

ラズパイに接続した音声デバイスを、ネットワーク内の別のマシンから利用することができる(特殊な機器は不要)

Bluetoothトランスミッタの高級版みたいなことをやりたくて試行錯誤した結果うまくいったのでメモ。 元気に動いています この記事では、ラズパイを用いて音声入出力デバイスをネットワーク越しに共有し、PulseAudioまたはPipeWireを使う他のLinuxマシンから…

圧縮済みのTARファイルを展開せずにファイルを追加できる

またTARの話してる・・・ (前回のTARの話はこちら) blog.3qe.us GNU tar(1)のマニュアルを見ていたら、面白いことが書いてあった: www.gnu.org --concatenateオプション(もしくは--catenate、 -A)を使うことで、複数のTARアーカイブを1つに結合できるらしい…

TARにアーカイブされたファイル名のエンコーディングはどうなっているのか

ふと思って調べたところ色々と面白いことが分かったのでメモ。 tarはファイル名を関知しない PAX(1)コマンド じゃあファイルシステムのファイル名のエンコーディングはどうなっているのか NTFS TARという形式がある。Tape ARchiveの略で、元々はテープドライ…

manがあるコマンドは偉いし、manを付けるべき

社内で、crontabのtabは実はtableだからクーロンタブじゃなくてクーロンテーブルなんだよね、という話が盛り上がった。 ファクトチェックとして、crontab(5)が紹介されていた(cron tableという言葉が出現している)。 manで事実確認がすぐできてすごいと思う…

Facebookが開発した圧縮アルゴリズムZstandardについて調べた(非常に高速)(今日から使えます)

Common Lispの処理系であるSBCLをインストールしようとしたら、追加でlibzstd-develというのを新たに要求されるようになっていた。見るからに圧縮系のライブラリだけれど聞き慣れないのでちょっと調べてみた。 ちょろっと調べたところ、以下のことが分かった…

YubikeyにPIVを入れる / Yubikey gpg-agent PIV 喧嘩しない 方法

自宅サーバの認証もろもろで遊んでみたかったので、YubikeyをPIVとして使ってみたところ、gpg-agentとpcscdが Yubikeyを取り合ってしまったので、それを直したメモ。まずPIVの証明書をYubikeyにインストールした話をして、次にgpg-agentがうまく動かないのを…

Bluetoothキーボードとxcapeとの組み合わせで、スペースキーを押すとなぜか機内モードになる怪奇現象が起こる

ほぼタイトルの通りなのだが、怪奇現象が起こって困っている。 FILCO Majestouch Convertible 2を使っている 青軸最高〜〜 Linux (OpenSuSE Tumbleweed)ユーザ 自分はスペースキーをShiftに割り当ててSandSを行うため、xcapeを使っている(後述) Bluetoothモ…

PGP鍵を交換しました + 令和最新版のPGP鍵運用メモ

PGP鍵を交換しました。というのも、元々使っていたPGP鍵はYubikey上で生成して使っていたところ、数ヶ月前にYubikeyを紛失するという赤っ恥の行いをやらかしてしまい、とっとと失効させて作り直す必要があったからです。ありがたいことに手元に旧い鍵の失効…

Scalaをスクリプト言語にしよう! Ammonite文法最速マスター

Ammonite文法最速マスター この記事は、Scalaのスクリプティング環境でありREPLでもあるAmmoniteの基礎的な利用方法をマスターし、ちょっと凝ったシェルスクリプトをAmmoniteスクリプトに書き換えられる程度のAmmonite力を手に入れるためのものです。 Ammoni…

EmacsでFlycheckのウィンドウをトグルできるようにした

自分は普段の開発ではEmacsを使っていて、VSCodeユーザに笑われつつも(被害妄想)今のところ普通に開発できている。 そして、エラー表示にはFlycheckを使っている: www.flycheck.org FlycheckはLSP-modeに対応しているので、LSPで検出したエラーをEmacsの枠組…

Perlのqw()みたいなやつがScalaにも欲しいので作った

追記2: ライブラリ化した。Mavenにpublishする手続きをちびちびやっている。 github.com 追記: 実装おかしかったのでちょっと修正した Perlにはqw()という文字列のリストを構築するための便利な構文があって、以下の表現は等価だ: ("foo", "bar", "buzz", "q…

一回しか変数を呼べなくすることは可能か

バグを出しにくいソフトウェアを型で実現、みたいな話題が好きで、しょっちゅう型でなんとかできないか考えている。 そんな中、そもそもバグが出るのって、1つの変数を複数回「見る」ことによるものも多いのではないかと思った: 同じ変数が、離れた別々のス…

変数echoとsedのコンボはbashだけで完結できる / bashの文字列置換いろいろ(ときどきzsh)

GitHub Actionsのyamlファイルをいい感じに矯正してくれるActionlintというのを入れていたら、SC2001という項目を指摘された。 www.shellcheck.net string="stirng" ; echo "$string" | sed -e "s/ir/ri/"というコードは、string="stirng" ; echo "${string/…

Webアプリケーション開発関連の記事を投稿しています.読者になってみませんか?