Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

世界の智の総量には追い付けない(もしくは、そうそう増えはしない)のだから、諦めてちっぽけな人間として暮らす

2000年前の世界の智の総量と、現代の智の総量とではどのくらいの開きがあるのだろう。かつての情報の発信者が数少なかった時代においては、 そこそこ頑張っていれば(そしてそれが可能な地位にあれば)一生のうちに世界のあらゆる叡智を取り込むことができたか…

記法・ 表記・マークアップ言語と呼ばれるものはどこまで許容されるのか

なんかYAML好きになれないんですがあなたはどうですか。オチはないです。 今仕事でやっているPerlのプロダクトでは(Config::Env)を使ってプロダクトの設定をしていて,DSLになっているので色々と便利ができる。 一番良く使っている機能は継承で,DSNとかを継…

部活のような仕事

長年、といってもここ4年ほどの話だが、仕事にどういう態度で挑めばいいのかよくわかっていなかった。これといった就活はしていないし、そもそもソフトウェアエンジニアとして食っている人間を、地元で暮らしていた時は身近に知らなかったので、どういう感じ…

紅茶失敗 / 都会的な無干渉というスキル

今日はミスリムで紅茶でもやろうかと思っていたのだがあいにく(いつものことであり、もはや一種の賭け事のようになりつつある)満員ときたので、鴨川沿いに南下して帰ってきてしまった。思っていたよりも湿気が強く、ジメジメとしていて蒸し暑い天気だった…

動に対する(連なる)静なる日々 / ファッション雑誌を買わずに帰る

読んだ。 ネットは社会を分断しない (角川新書)作者: 田中辰雄,浜屋敏出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/10/10メディア: 新書この商品を含むブログを見る ネットで世の中が政治的に分断されて、互いが互いの意見を聞かなくなり、民主主義が機能不全にな…

ネット時代の他者の不幸について考えるアライさん

世界に不幸(の主張)なんてありふれてるんだなって事をTwitterで学んだのだ。……近しくもない個々人の不幸は無視したほうが良い(そうしなければ耐えられない)のだ……。しかし世の中の不幸を減らすために自分に何が出来るのか考え続けるべきなのだ。それがき…

思想の排他性と手軽さと儚さについてのメモ

もはや思想は選べる時代だな— Windymelt (@windymelt) 2019年11月17日 ある思想を盲信し他を排斥するのではなく、思想の対立性や多様性、複数の真理を認めた上で、自分のものを選ぶしかない。— Windymelt (@windymelt) 2019年11月17日 思想のどちらが正しい…