Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

Scala3のUnion Types / Intersection Typesを試してみた

Scala3チャレンジをする記事の二本目。 前回はこちら。 blog.3qe.us ソースコードは以下に置いてある。 github.com github.com Union Types Eitherとの違い Discriminated Union Typesもどき Intersection Types まとめ MathJax v3以降ではbussproofs.styが…

自分の機嫌を取る

自分の機嫌を取らないとなと思うことが最近たてつづけにあった。仕事のコードの機嫌が悪くて自分の機嫌も悪くなり怒り狂っていたり、Apple Musicの動作が不安定すぎてストレスを感じていたり。当たり前と思っていることが当たり前に動作しないと人間はすさま…

Scala3のOptional Bracesを試してみた

ちびちびScala3に生えた新機能の実際に使ってみるチャレンジをやっている。いつの日かチームに導入できたら嬉しいね、とか、自分で使いこなせるようになると嬉しいね、というモチベーションである。 今日はOptional Bracesについて勉強した。ソースコードは…

Class::Accessor::Liteのプロパティを変な方法で呼び出しても一見動いてしまうの困る

package Foo; use strict; use warnings; use Class::Accessor::Lite( new => 1, ro => [qw(prop)] ); sub foo { my $self = shift; return prop; } これはちゃんと動かない。正しくは package Foo; use strict; use warnings; use Class::Accessor::Lite( n…

for式でタプルのbindingが動かないと思っていたら10年モノのバグ(SI-5589)だった

こういうバグを踏んだ。このコードはScala 2.13でコンパイルしない。この例ではCats Effect 3のIOモナドを使っているけれど、どのモナドでも発生する。 def fa = IO.pure("left") def fb = IO.pure("right") for { (a, b) <- fa product fb // ここでIO[(Str…

ScalaのCatsにおけるTuple上でのmapやproductの振舞いが面白いので紹介する

ScalaでプログラミングをしているとTuple2にお世話になることが多い。例えばSeq[(K, V)]からMap[K, V]を得ることができるし、何かと応用範囲が広い。catsでも、Tuple2をうまく操作するための数々のインスタンスが用意されている。 そんな中、Tuple2のインス…

最近のインターネットつまんなすぎ辛すぎ

特に結論の無い記事。 インターネットはもう多数派のものになった、というだけのことっぽい。— @windymelt@mstdn.takuya-a.net🍥🧪 (@windymelt) 2022年11月23日 言いたいことは↑でだいたい終わっている。 インターネットははみだし者の集団がワイワイやってたか…

Webアプリケーション開発関連の記事を投稿しています.読者になってみませんか?