Lambdaカクテル

集団への盲従を激しく嫌う

openSuSEインストールした記録

openSuSE Tumbleweed

ローリングリリースモデルであるTumbleweedを使った.ウィンドウマネージャはGNOME3を使う.

パーティション分割

ディスクユーティリティでパーティションを分割する.OS Xのパーティションは消さない方針にした.

EFI

openSuSEのインストーラをUEFIで起動すれば自動的にUEFIにブートローダがインストールされる.

起動時にoptionを押し続けることでopenSuSEとOS Xを切り替えられる.

Secure Boot

anyenv

ナントカenvを管理するツールをまず導入する.

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.your_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.your_profile
$ exec $SHELL -l

github.com

SKK(fcitx)

日本語入力方式はSKKを使う.入力メソッドはfcitx(サイティクス)を使う.

$ sudo zypper install fcitx fcitx-skk

fcitxをgnomeなどで有効にするために,$HOME/.profile に以下の設定を書き加える.

export INPUT_METHOD="fcitx"
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export XT_IM_MODULES=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx

また標準ではIBusがGNOMEと統合されているため,"設定 を起動し、地域と言語 で 入力ソース の 日本語入力エンジン を削除し、日本語(または 英語(米国))のみにしてから"以下のコマンドを実行して統合言語パネルを非表示にする.

$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.keyboard active false

一度ログアウトするとfcitxが使えるようになる.

tmux

ターミナルマルチプレクサのtmuxをインストールする.

$ sudo zypper install tmux

いい感じに設定する.

qiita.com

SandS

スペースバーを押している間はシフトキーとして,何もせずにスペースバーだけ押したときはスペースキーとしてふるまうようにする.

windymelt.hatenablog.com

ブラウザ

Vivaldiをインストールする.

vivaldi.com

Lastpass

パスワードマネージャを導入する.

chrome.google.com

cVim

cVimとはChromeで動くVimperatorだ.

chrome.google.com/webstore/detail/cvim/ihlenndgcmojhcghmfjfneahoeklbjjh

お気に入りの設定があるのでこれを導入させる.

css.css · GitHub

画面

Retinaディスプレイを使っている場合,openSuSEは自動的にUIの大きさを拡大して高精細な画面にしてくれる. しかし外部ディスプレイにもその設定が適用されてしまうようで,外部ディスプレイには巨大になったウィンドウが写ってしまう.

xrandrというツールで解消できるようだが,まだ調査中.情報を知っている方はおられませんか.

HiDPI - ArchWiki

ghq

ghqとはgitなどでcloneしてきたリポジトリをうまく扱うツール. 後述する便利なコマンドに必要なのでインストールする.

github.com

motemen.hatenablog.com

まずはgoをインストールする.メモ当時は1.8.1が最新なので,1.8.1をインストールする. ここではbashを使っているという想定.zshを使いたいときは.bashrcとなっているところを.zshrcに読み替えてほしい.

$ anyenv install goenv
$ goenv install 1.8.1
$ goenv global 1.8.1
$ goenv rehash
$ echo 'export GOPATH=$HOME/go' >> $HOME/.bashrc
$ echo 'export PATH="$GOPATH/bin:$PATH"' >> $HOME/.bashrc

次にghqをインストールする.

$ go get github.com/motemen/ghq
$ mkdir -p $HOME/src

$HOME/.gitconfigに以下のとおり記述する.

[ghq]
root=~/src

fzf

後述する便利なコマンドに必要なので,インタラクティブフィルタであるfzfをインストールする.

ghq get --shallow junegunn/fzf
$HOME/src/github.com/junegunn/fzf/install

github.com

g command

便利なコマンド.以下を.bashrcに追記する.

alias g='cd $(ghq root)/$(ghq list | fzf)'

emacs

Gnome extensions

参考文献