Lambdaカクテル

集団への盲従を激しく嫌う

集中力の運用

集中力の運用/1

これまでのあらすじ 今こうして集中力を「運用」することについて考えているのは、僕自身が集中力の運用に秀でていないからだ。 一日あたりの集中力には限りがあって、これを賢く配分しなければすぐれた仕事を成し遂げられない。 仕事には集中力を注ぐべきも…