Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

メモ: 『文章を「書ける人」と「書けない人」のちがい』 - 生産的でないインプットだってして良いんだなということ

rootport.hateblo.jp

いわゆる「ビジネスパーソン」と呼ばれる人々は、知識を軽視しがちだ。問題を効率的に解決する方法や、アイディアの出し方……マニュアル化された「頭の使い方」をマスターすることに夢中で、知識の蓄積を後回しにしがちなようである。頭の使い方さえ身につけていれば、知識は必要になったときにキャッチアップすればいい、キャッチアップできると信じて疑わない。


すぐには役立たない知識を、毎日1ページずつ蓄積していったとする。1年で単行本一冊分になり、10年で辞書一冊分になる。


知識を身につけるとは、本来、そういうことだ。数十年後に百科事典一式に匹敵する情報を身につけるために、毎日少しずつ知識を蓄積していかなければいけないのだ。そうやって体に刻み込んだ知識は、一週間やそこらでキャッチアップできるような種類のものではなくなる。


自分のなかにある情報だけで文章を書こうとすれば、経験に基づいた私小説的なものしか書けない。そして、経験はすぐに枯渇する。


生産性のないインプットについて悩むこともあったけれど、けっこう気持ちが楽になったと感じた。ちまちまどうでもいいことをインプットしてもいいんだ。

ソフトウェアエンジニアやってると成果出さなきゃ出さなきゃというプレッシャーをよく感じるのだけれど、けっきょくのところはコツコツとしたインプットあってのことだなと思った。