Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

アイデンティティの手札を増やしなよ

技術にせよ趣味にせよ,切れる手札は多ければ多いほど良い,とずっと思っていて,アイデンティティについてもそうである,という旨のことを考えていた。

文脈

韓国の少女像が日本で展示されており,公金も絡んでいるので揉めている,という背景がある。

ツイート

みんなでやるものほどアイデンティティとして脆弱だと思っている。ここで脆弱と言っているのは摩擦や揉め事や精神的動揺をまねきやすいという意味である。

あらゆる活動がソーシャルなものになっていく中で,強固だった概念がどんどんアイデンティティとしては脆弱になっていくような感じがしている。一人でできることが減っているということでもある。

ところで最も強固なアイデンティティは宗教的アイデンティティになろうかと思うが,特に一神教地域では神との関係は一対一の契約関係にあるものが多いと認識している*1。これはソーシャル(教会や信仰共同体)と自己完結(一対一の契約)とがコンクリートのように混合されていて,それが非常に強固なアイデンティティを保持する原動力になっているのだろうか,と思ったりもした。

*1:あまり詳しくないのではずれていたら申し訳ない。