Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

日記

ジム行った / 自分が主人公というウソを信じられるか

久々にジムに行った。7km/hで30分走って帰ってきた。3.5km走ったことになる。途中でくたびれてきたが、なんとか走ることができたので良かった。 運動不足気味の人間が(7km/hとはいえ)30分も走り続けるには、忍耐しなければならない。忍耐は、自分が最も苦手…

日記 / 未来探し

今年何が欲しいかな~ということを考えていたら、未来が欲しいねということになった。未来のワクワクを最後に感じたのはいつだろう?ちょっと考えてみてほしい。 人は未来に対する希望で生きているようなところがある。ルターもそう言っている。 この世を動…

日記/受験の傷跡/何も持たず寝る

人生設計上失敗だと思っているのは、うまく勉強ができなかったから大学受験に失敗したことを、周りとの関係を切り捨てて一匹狼になろうとすることで覆い隠そうとしたことだったかなと。それで結果的に周りとの関係に溝を自ら作ってどんどん殻に閉じこもって…

暮らしに終わりをつけていく必要性について

謹賀新年。あけましておめでとうございます。今年も良い年でありますように。 さて、新年になると気持ちが晴れやかになって新たな行動へのやる気が出てくる。普通の月が変わる瞬間ではこうはならない。じゃあ正月の何がそうさせるのだろうと考えたところ、自…

2019年ふりかえり

他人に関して諦めるということを学んだ一年でしたね。だいたい記事になっています。 1月 刺身にタンポポの話にいっちょ噛みした 断熱カーテンを導入した 『自己信頼』を読んだ YAPC::Tokyo 2019に参加した 2月 昇格した よかったですね。 ジムに行きはじめた…

箇条書きの功罪

Scrapboxを使うようになってもう2年が経とうとしている。最初は使い勝手が分からずにページを作っては放置するということを繰り返していたが、最近ではうまく使えるようになった。エンジニアの習性なのかもしれないが、とにかく手当たり次第に見出しを列挙し…

アウトプットでプレゼンス 表現のツール 自分を売り物にするツール

アウトプットでエンジニアとしてのプレゼンスを上げていくって感じのことをみんな言うじゃない。 それって自分を売り物にするってことだろ。自分の文章とか、表現を。自分は、そうすることに根強い違和感がある。人を商品にするのは許されないのに、人は自ら…

世界の智の総量には追い付けない(もしくは、そうそう増えはしない)のだから、諦めてちっぽけな人間として暮らす

2000年前の世界の智の総量と、現代の智の総量とではどのくらいの開きがあるのだろう。かつての情報の発信者が数少なかった時代においては、 そこそこ頑張っていれば(そしてそれが可能な地位にあれば)一生のうちに世界のあらゆる叡智を取り込むことができたか…

紅茶失敗 / 都会的な無干渉というスキル

今日はミスリムで紅茶でもやろうかと思っていたのだがあいにく(いつものことであり、もはや一種の賭け事のようになりつつある)満員ときたので、鴨川沿いに南下して帰ってきてしまった。思っていたよりも湿気が強く、ジメジメとしていて蒸し暑い天気だった…

動に対する(連なる)静なる日々 / ファッション雑誌を買わずに帰る

読んだ。 ネットは社会を分断しない (角川新書)作者: 田中辰雄,浜屋敏出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/10/10メディア: 新書この商品を含むブログを見る ネットで世の中が政治的に分断されて、互いが互いの意見を聞かなくなり、民主主義が機能不全にな…

建前の再評価

建前なんかいらないよ、って暮らししてたけど、それだと周りが要求してくることを全部内面化しないといけないような気持ち悪さがあって、例えば世の中にある辛い話とか、人権が抑圧されている、国歌で起立してください、献血ポスターの乳が気に入らない、み…

空気、おいしー!

フツーに生きてるだけで、息を吸って吐いてするだけでも、それで良いんだよね、当たり前のこと忘れてた。この世で最も認められてる事は、ただこの世を生きる事なんだよな。金持ち貧乏、生産性、この国に役に立つ立たない、そんなの取っ払って、心臓が生を主…

日記 / 語られないことは

色は逃亡する。 心に差すのは感情機微の色。映るや映らぬやのうちに誰からも立ち去る。 映ったものだけが思想の礎になり,映らなかったものは語られることがない。 葬られていない色だけを得意げに語る。誰かの色はおまえが葬っている。

興味もなかった政治に目覚めて人生に背を向けるな

政治と宗教の話はご法度と言われていたのも昔の話で、今時のネットには政治的話題が氾濫していて、ネットでしきりに語られていた「ネットと現実の区別を付けろ」という言葉が過去の彼方に霞んで見える。より露骨に政治運動が浸透して、より生々しい現実が近…

いざ本当に書きたい事なんか無いのかもしれないけれど / 体験の濃密さと、語る事について

体験の濃密さと、語る事についての随筆 枕上、厠上、馬上なんて言うように、何かを閃くことが多いのはベッドの中だったりする。 いままではTwitterに思いついた順に書いていたけれどもう少しフィルタしないといけない気がしていた。 ある友人は想いを貯めて…

"大人"になんてならなくてよかった

卒業してから今の会社に就職して,人生のゴールが一度達成されてしまったけれど,その後のことなんか考えてなかったし,大学では良い(大)企業に入ることが至上命題にされていて,やれTOEICだの簿記だのを受けさせられて,それが単位要件ときたもんだから,就…

Kyoto.なんかに参加しました/ごちゃごちゃ言わないようにする

大きな欠伸でもするかのように,夏の暑さが一瞬途切れている。 Kyoto.なんかで発表したりした。スライドはこれ。 speakerdeck.com Kyoto.なんかはついに5周年を迎えたとのことで,京都でこういった技術的コミュニティが存続できているのはとても素敵なことだ…

もっと強がれ理由なんていらないから

最近調子が良くなってきていてヘラヘラしている。1年前と比べると異常な進捗で,ビヨーンという感じ。 ミニマリストもロハスもノマドもオワコン!!! これからは強がる力!!!!!!!!!!!!— 誕生日は8/13 (@windymelt) 2019年8月4日 文脈 自信を無く…

最近体調悪い/友達探し

雨の日にそうめんパーティを同僚宅でやり、そのまま外に繰り出した。そしてあれよあれよと泥酔、感情が崩壊しメンヘラになり、同僚に慰められつつ帰宅し、爾来体調が悪い。最初は喉が痛いだけだったがとうとう鼻も痛くなり、鼻水が出てきて、熱が出て今に至…

一人で生きなよ

前提知識 祇園祭が行われている こんな祭りにいられるか!俺はカマルに行かせてもらう!— めるくん (@windymelt) July 15, 2019 カマル 飲みすぎて破滅しない人間とする人間とがある— めるくん (@windymelt) July 15, 2019 メルト・アペリティフ pic.twitter…

他人を懲らしめようとする人,しない人

大麻体験談みたいなのをTwitterで見た.それで,こういうのTwitterに貼るのって法律的にどうなんだろ,ということを同僚が言っていたので,たしかにどうだろうと思った. 同僚の意を勝手に汲むならば,違法行為をしたことを報告する行為,ありていに言えば犯…

チルアウトするためにブログを書くこと/貧者の娯楽としての怒り/率直さを身に付けたい

長いこと体調不良人間をやっているとノウハウも身に付いてくるというもので,だいたいこういうことをすると体調がマシになる,こういうことをすると悪化する,といったことが分かるようになってきた. 例えばゲームで大勝すると気分良く寝ることができて調子…

なぜなら神ではないので

自分の頭で考えて生きてゆかなければならない。 考え方の偏った人を見て感じたのが発端だったのかしら、それともまとめサイトで見たのだったかしら。そう思うようになって自分の生き方の中心に添えるようになったのは、高校生くらいのときだったと思う。公正…

ふと静謐な孤独感、孤独の殻の内側か外側にいる排外主義

夜になるとなんとなく孤独感を感じるのは誰しもそうなのかもしれないが、昼もそんな気分になることが多い。これは実際に俺が孤独かどうかとは関係のない、俺が世界をどう捉えているかという問題だ。 例えば政治的立ち位置だとか、宗教的感情、抱えている健康…

夜更し,理由なき反抗,ガクセイの熱い残光

眠れなかったから徹夜したけど意外と起きてられた.まとまりのない文章. 大学のときの後輩が卒業したようでめでたい.といっても1年生のときにちょっと話したりしたくらいだけれど,望んだ仕事につけてよかった. ところでそのエントリを見たらめちゃくちゃ…

部屋が暖かくなった/バイク冬眠した

ここ最近の寒さに耐えかねて,断熱カーテンと断熱シートを購入した.京都の家はふざけてて断熱性がまったくないのでこういうアイテムを追加しないと冬死ぬことになる.よほど高級住宅だと違うかもしれない.俺の家は普通住宅,なんならちょっと良い立地なの…

論理と直感との対立について,人間はどのように考えている(きた)のか

人間は争う生き物だ.昔は飯を求めて棍棒で争っていたが,最近はなりを潜めて,インターネットの人類はだれもが正義を求めて言葉で争っている. その一端に,論理と直感との対立という側面を垣間見ることが多い. こんなに適当な例を出すと怒られそうだが,…

元気になりつつある

真理を見抜かんとする目は ときに何かを疑うこともあるだろうけど 今を生きている自分には もっと酔ってもいいんじゃないの 2018/12/28 深夜,枕上

独身会社員男性は外食から逃れること能わず,同時にマネーの軛からは逃れられない

世の中には外食が得意な人間があり,またそうではない人間がいる.そして外食が得意でない人間が自炊に精を出す一方で,自炊が得意でない人間が外食に出るとき,いったいどこでめしを食えばよいのか,匙を投げたくなるものである. ところで俺も外食先の選定…

かつてあったことという重力圏からの脱出/信号強度の低下/希望

寝てると身体が痛くなりませんか 俺はなります ベッドに入った時はどうもないですね 不思議 痛いといえば顎なんてのもあります さいきん右顎がやばい もしや取れるんでは ブラック★ロックシューター久しぶりに聴きますね 変な声出た 元気になってきた 突然で…