Lambdaカクテル

京都在住Webエンジニアの日記です

よく使うでかい数の単位

よく忘れるので覚えたい。

素朴な実用基礎

10nのとき,0の数がnである。

1000

千。

キロ。kilo。103

派生: 千円

事務や会計で登場する謎の概念。日常的には万円単位のほうが馴染みがある。

10000千円とか言われても困る。0を一つ抜いたら万円になる。

ちなみにその上の単位になると100万円になる。キロからメガになってるな。たぶんそれに合わせてるのかもしれない。

1000000

百万。

メガ。mega。106 == 10002。なんとなくメガという言葉との噛み合わせが悪い気がする。

メガバイトって言われると結構大きいイメージがあるけど,百万バイトって言われるとああ,そう・・・みたいな感じがする。

1000000000

十億。

ギガ。giga。109 == 10003。コンピュータ的暮らしをしているとこのあたりで暮らすことになる。

やはり漢数字の体系と絶望的に相性が悪い。ギガで10億は普通出てこない。

1000000000000

一兆。

テラ。tera。1012 == 10004。ストレージの容量で登場する。我が国の会計にも登場。日本の国債残高は897テラ円って言われるとなんか返せそうな気がしてくる。そういう話じゃない。

10n

関数電卓でよく登場する。とはいえパッと10のべき乗形式を思い出すの難しい。