Lambdaカクテル

Common Lispを書くMT-03ライダー(初心者)です

2018年のWindymeltを振り返る

歳が暮れるぜ!

バイクで帰省するつもりだったけど寒くてバイクは置いてきてしまった.足がなくて暇だったのでツイッターやっていてこの記事を読んだ.

kiryuanzu.hatenablog.com

エントリを見てすげー!と思った。初心者マインドって概念がめっちゃ良い。仕事としてずっとやってると「こんなこともできないのヤバいのでは……?こんなこと書いて馬鹿にされないか……?」みたいな事を考え出すようになり、なかなか学んだことややってみた事を外に示せなくなってくる。あと実績をきちんと出しているし、それを覚えているのも凄い。俺なら特に意味を見いだせないまま忘れてると思う。目的を持って暮らしているのがわかる良い記事だった。俺も目的意識を持って駆け抜けていきたい(自分を励ます)

  • 「初心者マインド」という概念が良い
  • 目的意識が良い

さてこの記事に触発されたので俺も何か振り返ってみるかという気になった。もともとあまり記録する癖がないのでそんなに書くことがないのだが、来年こそ書けるようになろうという意気込みも兼ねて書いてみたい。

OSS活動

OSSにそこそこチャレンジした?一年であった。(ここまで書いて思ったけど、自分控えめすぎる。もっと自信を持ってイキっていきたい) Common Lispのライブラリをいくつか書いてみた。そのうち一つはQuicklisp(pipやcpan、gemみたいなサイト)に登録できた。

blog.3qe.us

blog.3qe.us

バイク買った

かっけーバイク買ったので外出の幅が広がる。バイクを買ってからはわりとメンタルの調子がよくなってきており、外に出ることの大事さを実感。バイクを通じたつながりも少しずつ出来てきており、楽しく乗っていきたい。

blog.3qe.us

blog.3qe.us

blog.3qe.us

バイクについてはバイクタグでやっていく予定.

体調に波があった

9月から年末にかけて、体調が激しく悪くなったあと、やや恢復した。原因は色々あるだろうがやはり仕事のストレスがかかってしまったようだ。来年はスケジュール管理能力を向上させてガンガンブイブイいわせていきたい。

今年何してたかな、と思ってこのブログの記事見返したら「体調悪くて死にたい」「医者行った」みたいなことしか書かれてなくてやべー。基本的に体調悪い一年だったな。

彼女ができたりできなかったりした

ペアーズで出会った子と6月頃に付き合いだして年末に別れた。 マッチングアプリ使うとマッチングした時から付き合う圧が発生してしまい、性格とかを確かめ合う間もなくお付き合いに突入する、というパターンに突っ込みがちで、気を付けたいと思った。

YAPC沖縄に行った

初参加だったので楽しかった。しかし昼間は土砂降りになってしまい、きれいな海を見られたのは初日だけだった。

じゃ来年はどうするの

こう覚えているだけ振り返ってみると割と疎な一年だった。来年は月一で一発なんかやっていきたい。

どんどんイキっていく

書き方が悪すぎるがこう表現するしかない.(冒頭に上げた記事がイキっているという意図ではないです!!!!!)もっと良い表現があればそれを採用したかったが,どうも思い付かなかった. ここ数年の体感として「失敗を恐れる」方向にマインドが傾いている気がしている.そうなると何か書くにしても参加するにしても「まあ大したことじゃないな」っていう方向に固まってしまう.イキった事書いて叩かれるの,怖いじゃないですか.インターネットよく使うから,それが体験として・あるいは傍観者として染み付いてしまうわけ.だから防御的になって,「黙ってるほうがかっこいいよネ〜」みたいなマインドになってしまう.冒頭のエントリを読んだ俺は,なんかこのマインドのままでは良くないのでは・・・?と思うようになってきた.

失敗を恐れる,という言葉は,第三者の目から見ると大したことがない言葉だが,当事者からすると非常に重い意味を持っている.特に何かを行う際に失敗を恐れる心が出現するのではなく,失敗を恐れる精神性が人生に充満しているのだ.だから自分では「あっ失敗を恐れてるな」と考える間もなく,果敢にも失敗へと突っ込んでいく心が死ぬのだ.だから「失敗を恐れない」のではなく,失敗を恐れるようになる要素を注意深く人生からつまみ出していきたい.大きくなった人間は他人の青臭さをバカにしながらあたりさわりのない人間性を身に付けていくものだけれど,俺は青臭さを愛していきたい.

俺の人生じゃんよ

そうなんだよな〜.他人の人生を消費してる場合じゃないんだよ.やっていきましょう.

バッテリーがなくなってきたのでここらへんにしときましょう.充電器を京都に忘れてきました.