Lambdaカクテル

Common Lispを書くMT-03ライダー(初心者)です

現実と向き合うために一歩立ち止まって作戦会議する話

日々ちゃんと計画通りに生きられていますか??俺はそうじゃないです.

ただ暮らしているだけでは,仕事であれをしないといけないだとか,生活の上でこれをしないといけないだとか,また別のレベルでキャリアのために何かについて考えたほうがよいだとか,そういう粒度が異なるイシューがたくさんある状態になってしまう.

そうなると,だんだん暮らしが混乱してきて,今俺はこれをやっているけど問題ないのだろうかとか,このまま俺は仕事を完遂できるのか,別の事をやる必要があるのではないか,といったことで不安になってくる.生活の主導権が奪われてしまい,生き生きと暮らせない.

ここでGTDというものが登場する.GTDが何なのかについては割愛するとして,俺のようなぐうたらな人間には「書き出す」「整理する」みたいなステップを踏むのがおっくうである.そういうわけでGTDは失敗している.

そこで俺は単純明快,「作戦会議」というのをやればよいのではないかと考えた.とにかく毎日「作戦会議」を30分ほど行う.そこで未来のことを考えたりする.いったん歩くのをやめるわけ.作戦会議で考えたり,こういうふうにやろうとか,ここを先回りしてやっておくと得だな,といったことを考えて,いいかんじになるようにする.そうやると様々な事柄を想定内の事柄にできるし,それを予定のレベルに落として1日に練り込める.

ここまで書いたけどまだ作戦会議やっていなくて,これからやるという状態なのだが,そういうのを考えました,というメモ.

やっていきましょう.